キャッシング経験がある女性が本音の感想。

お水

私は二十歳の時に子供を身ごもり結婚しました。
水商売で働いていたため、すぐに仕事を辞め、旦那の収入で生活していました。

 

しかし収入はそれほど多くなく、今思えば私も臨月ギリギリまで働けばよかったと後悔です。

 

日々の生活が苦しくなり、とうとうカードローンでの借り入れとゆう選択をしました。

 

始めての借り入れなので、どこが良いなどとか全く分からなかったので、
CMなどでよく目にする新生銀行さんから。
家が近かったとの事もあったので、そこで借り入れようと決めました。

 

無人の店で小さな個室一部屋と、ATMが一台。

 

まだ二十歳とゆう大人になりきれてない歳だったので
店内に入った時の緊張感は今でも鮮明に覚えています。

 

個室に入り審査を行います。
私は無職で始めての借り入れ、旦那の収入があるとゆう事で
最高30万円借り入れできるとの事でした。

 

そしてカード発行を終え、すぐにATMで利用開始しました。
始めは少しでも生活が楽になるとホッとしました。

 

それからやはり収入は旦那からしかないので、月々に一万円。
ボーナス月には三万円との形で返済しています。

 

少しの期間滞ってしまったので、二年経った今も返済中です。
結局当時撒いた苦しさを今味わっています。

 

正直ゆうと後悔です。

 

後悔

やはり、借金というものはちゃんと考えて考えて考え抜いて、最後の手段に借金。
ちょっと苦しいからなど浅はか過ぎる考えでは、私みたいに後悔します。

 

身内に不幸があった。など本当に今借りたい人にとっては
私はカードローンは凄く助かるライフラインのひとつだと思います。

 

当時この考えがあれば私は上手くカードローンと付き合えてたのかなと反省です。

 

これから借りる人に伝えたいこと。

 

これから借り入れをお考えの方たちへ、
正直今の私でも当時の自分のような考えな人は
本当に少数だと思いますが、まずは借りない努力を。

 

これが第一だと思います。何か出来ることを見つけるのがいいと思います。

 

でも世の中そんな事が簡単ではない事も痛い程わかります。

 

それでもやはり最後の切り札としてカードローンでの借り入れをするなら、配偶者。
身内などに隠さず、相談しもって借り入れましょう。

 

よくネット上に借金と検索すると「旦那にバレずに借り入れ」などの広告を見ますが、
絶対にバレない事は正直難しいと思います。

 

やましい借り入れはやめましょう。

 

相談して、今は消費者金融に頼るしかないと、ここぞ!とゆう時にしましょう。

 

よく事前に各金融社の利用規約など把握してから、
返済するのにしんどくならない額を借り入れる事をおすすめします!

 

トップページに戻る★