女性が知っておくべき配偶者貸付。

知っておく

もう結婚している人も、まだ結婚していない人でも
今後専業主婦になる可能性があるなら『配偶者貸付』について知っておくといいでしょう。

 

専業主婦になると収入があったときのように自分の収入でキャッシングできなくなります。
しかし、専業主婦でも借り入れしなくちゃいけない場面もきっと出てくることでしょう。

 

そんなときには【配偶者貸付】を使うのです!

 

収入がない専業主婦が消費者金融でお金を借りる方法

配偶者貸付は簡単にいうと、配偶者(夫)の収入で妻が借り入れすることです。
(※主夫が妻の収入で借りるのも同じ)

配偶者貸付

 

配偶者の収入がふたりの収入とみなされるので、
配偶者の年収3分の1までなら借り入れすることができます。

 

ふたりの借入額が合計して年収の3分の1までなので、
夫がすでに最大で借入していたりすると借りられないこともあります。

 

通常のキャッシングと違うので用意する書類が多い。

書類提出

通常のキャッシングやカードローンなら収入証明もいらないし、
本人確認できるものさえあればいいことがほとんどです。

 

しかし、配偶者貸付は少し特殊なので借りる額に関わらず用意する書類が多くなります。

 

配偶者貸付に必要な書類はこれです。

下

  • 配偶者の同意書
  • 婚姻関係を示せる書類(住民票、または戸籍抄本など)
  • 配偶者の収入証明

書類提出めんどうだな…と思うなら銀行カードローンを使おう!

銀行カードローンでは専業主婦でも本人確認できるものさえあればオッケーなところがあります。

 

みずほ銀行カードローンは専業主婦なら30万円まで借入できて、
旦那の同意書も配偶者証明もいりません!

喜ぶ主婦

 

消費者金融での配偶者貸付は条件が多く、
書類を提出したとしても契約する本人に安定した収入がないと借りられないんです。

 

専業主婦になったときには消費者金融が使えないと思っておきましょう。

 

収入がなくなったときには銀行カードローンで配偶者貸付がおすすめです!